marikonSお花畑

多肉と宿根草のDiary (お気軽に足跡残してくださいね♪)

 
     

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告
     

一枚のラブレター~*

私の趣味の一つだった 絵手紙。

何故か過去形。

趣味で書くことはもう無くなってしまったので私が絵手紙を書くのは

お師匠様にお送りするときだけにしよう と誓った。


絵手紙を始めたのがもう何年前になるのか忘れてしまったけど
そのころからずっと私の心を癒してくれる絵手紙のお師匠さまなるHさんの絵手紙。。。


遥か彼方 私の愛読本 『坊っちゃん』の地にお住まいになられるその方とは

お会いしたことも お話をしたこともないのですが 当時絵手紙仲間だった女性のご友人でらして
その方のHPでHさんの絵を一目見て胸をズドンと打ち抜かれた衝撃。


一目ぼれ。


私のラブコールのもと それ以来 お仲間に入れていただいて
毎月毎月素晴らしい透明感に満ちた絵手紙、暖かいお言葉を添えて送って下さるのです。


これは一種の芸術作品化した愛の手紙だと思う。


愛のこもった 一枚の絵手紙。


私に対する愛はないとしても(笑)

絵に対する愛がないとこんな絵、描けないぞ、という愛の凝縮された作品。


漆黒の暗闇に灯るランプの様な存在。




今まで頂いた沢山の絵手紙の一部、少しお見せしましょう。。。




66b3ce59ba417aedd011-L-marikon.jpg

私に送ってくださった初めての絵手紙 02年6月10日。


12989255-marikon.jpg

ノコンギクかな。


20080610-CIMG0152s-marikon.jpg

ウインターコスモス


32eb162af02f7834c345-L-marikon.jpgconv0107-marikon.jpg
 

ゴルフの帰りに見つけた赤い実


2010062113250000-marikon.jpg

どくだみの花


178_5-marikon_20100621124837.jpg

ウォーキングの途中に見つけられたもみじの葉


178_4-marikon_20100621124838.jpg

お庭に咲いているという ユリオップスデージー


2010062113020000-marikon.jpg

私がさしあげた カランコエの花

conv0105-marikon.jpg

大好きなクレマチス

conv0103-marikon.jpgconv0104-marikon.jpg


色鉛筆と水彩絵の具で。

6-21d-marikon.jpg

結婚記念日に頂いた絵手紙


2010062113000000-marikon.jpg

お住まいの二階から見える風景


写真ではこの透明感にあふれた繊細なタッチの色彩はお伝えできないかもしれませんが
水彩画をメインにされたHさんの絵手紙の素晴らしさは子供と一緒に毎回毎回息を呑む程の美しさで。

一瞬時が止まるかと思うほどの美しさで。

絵心のない主人でさえも 言葉を無くすほどの美しさで

ポストを覗くのがとても楽しみで 親子で取り合いして 誰が一番にその絵を手にとって
堪能するのかバトルになるくらいで。


一枚の手紙を上から下から 裏から表から 斜めにしたり 陽にかざしてみたり 擦ってみたり

宝石商の鑑定士みたいに

なんども何度も確かめてしまうほどの (何を確かめるの?)
 
それくらいどこかにカラクリがあるのではないかというほどの うつくしさで。

もしかしたらアルコールランプなんかで炙ってみたら 何か浮き上がってくるのではないかと思うほどの

巧みな色遣いで。

額縁にでも入れて 一等席で飾っておきたいくらいな。


出来れば、自分以外のだれにも 描いてもらいたくない


私の為にだけ描いて欲しい(かなり我が儘) そんな思いすら心によぎってしまうほどの。



こんな素晴らしい 心に透明な風が吹くような絵を描かれる方は一体どんなお方なのだろうと
いつも思ってしまうのですが

年賀状で頂いた写真で拝見すると
それが何故か  私の母の父で医者だった敬愛するお祖父さんと良く似ておられて。
そしてHさんも 同じくお医者様と同じで。


そしてなんと、なんとHさんは私の名前と同じ奥さまがいらして
また息子さんは私と全く同じ生年月日だということ。

なんというご縁でしょう。

単なる偶然とは思えなくて。


きっと前世でも 一緒にもしかしたら絵の世界で交流していたのかもしれないなとか
勝手な想像などして。


絵手紙のお師匠様なるHさんには今まで色々な相談にものっていただいたりしました。

『私が生きている間に いつかお会いいたしましょう』 とお言葉を頂きながらもう何年になるでしょう。。。

いえ、私も、ワタシこそ生きている間に 一度お目にかかりたい方の一人です。


お会いすることなくこの世を去ってしまったら きっときっと 後悔してあのヨにいけないような、そんな・・・・、


何故かこの頃自分の死期の近さを感じてしまい・・・・・?



そして絵手紙の極意をご伝授いたしたい!!そんなイヒヒな下心(笑)を秘かに抱きながら


いつかご一緒に絵を描ける日を楽しみにしているワタシなんです。。。






自分の不味い絵にプレッシャーを感じながら何度 描いては捨て 描いては捨てを

繰り返してるでしょう。

この頃忙しくてお返事すらしていないのですが それでも忘れずに一枚の心を送って下さる
一枚の芸術作品 親子でこれからも楽しみにしています。。。


どうか どうか長生きなさって これからも私の心に 爽やかな風を送ってください。


感謝の意を込めて、ありがとう。


 
  1. 2010/06/21(月) 12:43:49|
  2. 好きなもの その他。。
  3. | コメント:0
<<子に教わる~* | ホーム | 石の上にも何年~*>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

最近の記事

プロフィール

marikon

Author:marikon
母の影響で何よりも花が好きに~*
宿根草と多肉時々ニャンコがメインのプログです。
四季折々の花々から感動と癒しを貰っている毎日です~♪
お庭はない鉢植族です(^^;ゞ

詳しくはないけどジャズ. 落語が好き。
アンティーク雑貨大好き人間。

Birthday.9.2

最近のコメント

カテゴリー

リンク

Blog People

ブログ更新時にPINGを飛ばしてくださると更新マークが出ます。

ブログ内検索